スケットタウン(東西商工協同組合 企業の元気 応援サイト)
Sket-Townは東西商工協同組合が運営する企業活動の助っ人(すけっと)サイトです。
東西商工協同組合
ID: Password: ログイン
Topページへ戻る お問合せ サイトマップ
スケットタウンご案内 Sketカタログ 業務支援サービス Sketプラザ Sketビジネス Sketショップ マイページ
環境と印刷インキ

印刷インキ工業連合会は、1993年(平成5年)「環境・安全・健康に関する基本方針」を制定し、健康の確保と地球環境の保護に調和した技術及び製品を提供しています。

主な印刷用インキは平版インキ、グラビアインキ、樹脂凸版フレキソインキ、シルクスクリ−ンインキ、新聞インキで、それぞれ環境に対応したインキがあります。

2004 年に大気汚染防止法の一部改正 (2006年4月1日から施行)が行われ、とりわけ VOC の排出に関する関心が高まりました。
当工業連合会は「VOC 排出抑制」に取り組んでいます。

環境対応インキ
平板インキ:大豆油インキ ノンVOCインキ UVインキ 易脱墨性UVインキ
新聞インキ:大豆油インキ
グラビアインキ:ノントルエン(アロマフリー)インキ 水性インキ
樹脂凸版インキ:水性インキ グリコールインキ UVインキ
シルクスクリーンインキ:水性インキ UVインキ


大豆油インキ

従来使用されていた亜麻仁油や桐油、高沸点石油系溶剤の代わりに、大豆油を使用したインキです。

アメリカ大豆協会(ASA)が大豆油の使用を奨励し、基準に合ったインキや印刷物にソイシールの表示を認めています。

大豆油インキは、枯渇資源の高沸点石油系溶剤が従来品に比べ20〜30%削減された環境に優しいインキです。

1993年に大豆油インキの提供が始まり、1997年に家電メーカーがASA認定のソイシールを表示し、大豆油インキで印刷したことをアピールしたことで普及が始まりました。

現在では、新聞インキ、平版インキの64%が大豆油インキになっています。


ソイシール

アメリカ大豆協会(ASA)は、大豆油や大豆たんぱくを使用し、使用量の基準に合致したインキをソイインキとしてソイシールライセンスを与えています。

ソイシールには3つのバージョンがあります。

印刷物 :「PRINTED WITH SOY INK」(大豆インキで印刷しました)
インキ : 「CONTAINS SOY OIL」 (大豆油を含む)
「CONTAINS SOY PROTEIN」(大豆タンパクを含む)


UVインキ

UV(紫外線硬化型)インキは、紫外線(UV)の照射でインキが硬化・乾燥して、強固な皮膜を作ります。

このインキは無溶剤のため、VOC成分が大気中に排出されて、環境を汚すことはありません。
大気環境保全に優れた環境調和型インキです。

UVインキは脱墨しにくいため古紙再生処理に適さないといわれてきましたが、通常平版(油性)インキと同じように脱墨しやすいUVインキが提供されるようになりました。


エコマーク

私たちのまわりにあるさまざまな商品の中で、環境負荷が少ないなど環境保全に役立つと認められる商品につけられるマークです。
消費者のみなさんがこのマークを見て、暮らしと環境の関わりを考え、環境にやさしい商品を選択するのに役立てていただくことを目的としています。
印刷インキについては、2002年12月に、エコマーク商品類型No.102「印刷インキVersion2.0」が制定されました。(現在Version2.1)。次のインキが対象になっています。


再生紙ラインナップを再編、古紙100%配合製品を廃止
「グリーン・プロポーション再生紙」を発売
日本製紙(社長:中村雅知)は環境負荷が増える古紙100%配合製品を廃止するなど、当社独自の環境コンセプト「グリーン・プロポーション?」に基づいて再生紙のラインナップを再編成します。

古紙配合比率の低減のほか、独自技術による嵩高軽量化を図り、新たに「グリーン・プロポーション再生紙」シリーズとして6月から生産し販売を始めます。環境面における紙の役割を総合的に検討した結果、環境保全・環境負荷軽減に貢献できると判断したものです。

なお、同シリーズの一部製品は国際的な森林認証制度PEFCに基づいてチップから一貫生産・販売する国内初の「PEFC認証紙」となります。
再編理由
(1) 古紙の品質低下により、歩留まりが低下しています。
(2) 古紙100%配合紙は全く配合していない紙に比べ、製造工程で化石燃料由来のCO2排出量が増加するケースがあり、再生紙が地球温暖化に与える影響が大きくなっています。(図1参照)
(3) 上記(1)、(2)をふまえて環境面における紙の役割を総合的に検討した結果、古紙配合を一律何%と制限せずに、用途に応じて最適な配合率を決めて、古紙パルプを利用することが、これから紙に求められる環境対応であると判断しました。
さらに、当社独自技術の嵩高軽量化により、省資源と輸送エネルギー削減が実現でき、トータルに環境保全・環境負荷軽減に貢献できると考えました。

※現在では、古紙100%再生紙よりも配合率を低くして 製造工程で発生するCO2排出量を無くし、再生紙が地球温暖化に与える影響を軽減しましょうというのが主流になっています。


グリーン・プロポーション
紙は、植林などによって再生産できる森林資源や、古紙を主原料としています。
また、パルプ製造過程で発生するバイオマスエネルギーを利用することもできます。
さらに、紙は家電製品や自動車とは違って、人々に利用される段階でエネルギーを消費することはありません。
このような紙の特性をふまえ、紙製品における環境配慮のありかたを「グリーン・プロポーション」と表現しています。
グリーン・プロポーションの3つの要素
(1) 水と空気の「リフレッシュ」
(2) ゴミと資源の「ダイエット」(各種環境面での「減量化・省資源」)
(3) 紙と緑の「リサイクル」
※この3つの要素を用途によってバランスよく組み合わせることで、
全ての紙が環境保全・環境負荷低減に貢献することを目指しています。
お問合せ サイトマップ プライバシーポリシー 運営会社